2015年03月12日

Writing Task1の表現集


明日はいよいよ先月受けたIELTSの結果がわかります。
Writingで爆死したにも関わらず、まかり間違って6.0とか取れてないかな〜とか妄想してます。
最低制限の150文字(task1),250文字(task2)を超えないとどうなるか知っていますか?
答えは・・・

IELTSエッセイの採点に追われ、ろくに寝てない試験官が
夜な夜な血走った眼を見開き文字数を数え、こういうのです・・・
141,142,143・・・文字数足りな〜い!!1点減点!!

茶番失礼いたしました(´Д` )
文字数が足りていない場合には、問答無用でバンドスコアが1点下がります。
なので僕は前回のテストで確実に1点マイナスされております(大泣)
みなさんもお気をつけ下さい。


本題に移りましょう♪
今回はズバリ「文字数を稼ぐためのテンプレ表現」になります。
僕は、たまにでるプロセスや地図のWritingなんかは無視しています(爆)
みなさんもWritingの問題用紙が配られ、透けた用紙からプロセスや地図が見えたら
泣きながら大爆笑しましょう( ´ ▽ ` )ノ
それではスタート!!
・・・少し長くなるので、次の記事に移ります。



posted by リュウ at 23:12| Comment(0) | IELTS戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。