2015年03月28日

雑談


桜も咲き始めて、春だなぁと強く感じる今日この頃です。
春休み中ですが、大学に行くと、入学手続きに来た新入生たちに出会います。
可愛い子いないかなと思ってウロウロしてたら、警備員さんに声をかけられました(爆)

四年生となった僕ですが、今でもよく考えるのが、大学で学ぶことの意味です。
僕は、今の大学にどうしても通いたい理由があった訳でなく、センター試験の結果で出願を決め、経済学を専攻したのも、なんとなく将来に役立ちそうだからでした。そんな僕とは違って、明確な目的を持って大学を選び、合格を勝ち取ることが理想なんでしょう。例えば、僕がとても印象に残っている言葉の一つに、文芸評論家の故・江藤淳さんが、慶應大学教授としての最終講義で語った言葉があります。「私は肩で息を切らすほど勉強がしたいと思って慶應に入った。世界中のどこの学生にも負けないぐらい勉強しよう、そのためには1日16時間は勉強しようと思った。」肩で息を切らすほど勉強しようという凄まじい言葉は、それまで聞いたことがなく、今も僕の心に刻まれています。こんな風に強い意志を持って大学生になれば、誘惑が多く、講義の選択や出席が自分次第となる大学生活でも、ぶれずに進んでいけるのでしょう。

ただ、僕自身はぶっちゃけ、大学に入った後でじっくり考えてもいいんだと思います。大学生活を通じて、勉強はもちろん、サークル、アルバイトといろんなことに向き合って、自分の答えを出していくんです。大学に入った理由と、卒業後に考える大学で学ぶことの意義は違ってていいんじゃないでしょうか。就活の面接なんかでは語り尽くせないような、一晩あっても語り足りない経験をして欲しいなと新入生を見て思ったので、英語の勉強には関係ないけど投稿しました。最後にアメリカの詩人、エマーソンの詩を紹介しておきます。


『Success』

To laugh often and much;

To win the respect of intelligent people
and the affection of children;

To earn the appreciation of honest critics
and endure the betrayal of false friends;

To appreciate beauty,
to find the best in others;

To leave the world a bit better,
whether by a healthy child,
a garden patch or a redeemed social condition;

To know even one life has breathed easier because you have lived.

This is to have succeeded.





posted by リュウ at 00:47| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

TOEIC・英検一級受けます!!


TOEIC(5/24)と英検一級(6/7)の申し込みをしてきました。
日本で「 IELTS7.5です!!」って言っても、ふ〜ん・・・って感じなんですよね、実際。
それでも数年前に比べたら認知度も上がってるし、試験も頻繁に行われてるんですが、
日本国内で、英検やTOEICよりメジャーになることはまずないような気がします。

ということで、勉強の動機付けも兼ね、この2つの試験に挑戦していきます。
恥ずかしながら、TOEIC770点、英検準二級しか取得していないのが現状で、もう何年も試験を受けていません。
とにかくやれるだけやって、取れるだけ点数を毟り取ってきますww
幸いなことに、英語教師さん、英語好きさん、 RYUさんのブログは言わずもがな、たくさんの参考になるブログがあり、勉強法や参考書のレビューも載せてくれてある親切設計なので、上手に活用できたらと思います。
したがってこれからは IELTSから少し離れ、これらの試験をメインに英語力を向上を図っていきますので応援よろしくお願いします。

「TOEIC・・・?満点ですが何か?」(キリッ)


モテそうですね。ワクワクしてきた〜!!
posted by リュウ at 20:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

IELTSの反省とこれからの学習計画


IELTSの結果を振り返り、反省とそれぞれのセクションの学習計画を立てていきたいと思います。

まずはリーディングから、
今回のスコアは8.5でしたので、偏差値調整がされるため一概に決めつけられませんが、2~3問ミスをしてしまった可能性が高いです。試験後の感触で、1問根拠が不明瞭なまま回答してしまった問題があったので、その1問とケアレスミスで2問ほど落としてしまったと捉えるのが妥当かと思います。リーディングの次回目標は9.0、0~1ミスです。正直、前回受けた時は、IELTSの問題集をやりこむということは一切せず、前日に模試を1回解いたのみでした。というのも、僕が今まで出会った模試の本は、解説が十分されていなくて、回答に納得出来ることが少なかったのと、最悪7.0を越えてくれれば大学の出願に支障がなかったため、コンスタントに30問以上は正解できるリーディングパートに時間をさくよりかは、苦手で改善点の多いライティングとスピーキングに重点を置きたかったからです。…というのは建前で、その実は1月の中旬にノートパソコンを買い替え、付属品なんかも新調し、果てには大学の仲間たちとスキーに行ったり、送別の飲み会を開いたりで散財し、教材を買う余裕がありませんでした。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*アハハハハ

探せばよい教材はたくさんありますから、次回は演習をしっかりとこなし、ミスを減らしていきます。あとはとにかく、毎日なにかしら読むことですね。オンライン版のTIME、JAPAN TIMES、あと僕は経済学専攻でして、Economist、Wall Street Journalなんかは専門的な語彙を増やしていくという意味でも有用だと思います。リーディングは満点を余力を残してとっていきたいパート、要はどんな問題、内容であってもミスをせず、欲を言えば時間を余らせて解答し終えることを目標にしていきます。


続いて、リスニング。
今回のスコアは8.0、したがって3~4問のミスといったところでしょうか。
正直言って、まぐれです。勘に助けられた面が多かったです。
というのも、このパートもコンスタントに30問以上は取れるのですが、リーディングほど自信をもって解答できていない、選択肢で迷うことがとっても多いからです。今回のテストでいうと、パート3の二人の会話、内容と発言のマッチング問題はかなりあやふやなまま解答しました。リーディングと比較すると、9.0を取得するにはすこし骨が折れそうですが、まったく可能性がないという訳ではないので、次回は満点が目標です。リスニングも前日に1回分の模試を解き、あとはニュースや映画をメモを取りながら毎日見ていたので、演習の回数を増やすのは絶対条件として、それに加えてスクリプトのシャドーイングを実践していきます。これくらいしか案がなくて正直不安です。どなたか、こんな教材あるよーとか、こんな学習の仕方どう?とかアドバイスをいただけたらと思います。


はい、やってまいりました、ライティング。
今回も変わらず6.5。
あれだけやるやる言っといて、問題演習を怠り、結果タスク1を書き終わらず終了し、挙げ句の果てに謎の採点基準に救われ?6.5となりました。まさに、自分の意志の弱さ、計画性のなさ、女子への人気のなさ(←おい)が具現化したようなパートでした。兎にも角にも問題演習は必須ですね。とくにタスク2なんかは、問題演習をこなして、自分のアイデアのストック、表現方法の蓄積、語彙選択(コロケーション)のスムーズさ、接続詞の使い方を鍛え、あとは実戦でそれらを駆使して書き上げれば問題なく7.0を越えるエッセイになると感じます。

それから時間配分。
一般的には、タスク1に20分、タスク2に40分、さらに詳細に割り振れば、ブレインストーミングという、与えられた問題をもとに、自分は何について書くのか、何を指摘するのか、といったエッセイの構成を、書く前に行う時間をそれぞれ5分の計10分、それに加えて、誤字や文法の見直しをする時間を5分程度欲しいので、実際書く作業に使える時間は、タスク1に15分、タスク2に30分がベストな時間配分になりそうです。

…簡単に言ってますがかなり難しいです、はい。

配点の多いタスク2から書き上げたとします。時間も理想的に40分で終わり、残りは20分、そこでタスク1に移って冷静にブレインストーミングを行えるでしょうか。グラフの特徴を見て、何を指摘するか考えられるでしょうか。
僕は無理です!!(キリッ)

9回裏2アウト満塁、一発サヨナラの場面で、初球ど真ん中に投げ込める、某ピッチャーのような強心臓の持ち主ならまだしも、ガラスのハートな僕はまず焦ります。これが、一般的なグラフの出題ならまだしも、万が一、地図やプロセスだったら目も当てられないです。というわけで、いかにタスク2を早く仕上げ、できるだけ時間を残した状態でタスク1に移れるかが鍵になってきます。
ライティングは、受験者の努力の量が一番反映されるパートじゃないでしょうか。大学のレポートでも、良いものを出したければ、文章の構成、展開の仕方、言葉の選び方、意見の内容等、気をつけなければいけないポイントは沢山あります。やり甲斐がありそうです!!


最後にスピーキングですね。
前回の5.5から6.5まで来れました。
これ以上ないってくらい良く出来たんです。僕の中では。
一つ後悔しているのは、スピーチで30秒余らせてしまったことです。
話すことがなかったわけではなくて、考えればまだまだ話せたんですが、黙り込みたくなかったので、以上です。と自分で言って終わらせてしましました。事前にもらった紙は白紙のままだったので、なにか話のタネになるようなことを次回は書き込み、しっかりと話切るのが一つ目の目標。
続いて、発音。iPhoneに録音して聞いてるんですが、もうひどいのなんの…。
数々の誤解を招いてしまう恐れがあります。
発音がきれいな人って本当に憧れてしまいます。英語好きさんがブログに音声ファイルをアップされていて、聞いてみたのですが、(やだ…イケメン。)と本能で察知するレベルでした(爆)なんか自分の中で、発音がきれい=モテるという構図が勝手に出来上がっており、モチベーションが今一番高いですwwそのためには、発音記号を読めないとお話にならないですよね。次回の目標は、スピーキング7.0越え、そしてモテモテになる、以上です。

忘れてたんですが、僕は語彙力8,000ちょっとなんですよね。わかりやすく言うと、ナッパの戦闘力より少し高い程度。一万越えは次回のIELTSまでに達成しておきたいです。やるやる詐欺常習犯の僕なので、怠けてたら、それだからいつまでたってもモテないんだと罵ってください。多分泣きます。それではおやすみなさい。
posted by リュウ at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。