2015年03月15日

C2プロジェクトへの参加

この度、英語教師さん考案のC2プロジェクトに参加させて頂くことになりました!!
英語教師さんのブログで詳しく説明されておりますので、リンク先から訪ねてみてください。
掻い摘んで説明すると、英語の習熟度別にA1~C2の6段階のレベルがCEFRという機関によって定められています。その最高水準であるC2レベルをみんなで目指そうぜ!!というのがC2プロジェクトの趣旨であり、現在主催者の英語教師さんと僕を含め、19名の方々が在籍し、互いに切磋琢磨しております。

具体的に何を目標にするかというと、
TOEFL ibt 116 or IELTS 8.5 以上


今のところこの2つが、C2レベルの基準となっているようで、今後英検一級の得点率によっても測れる可能性があるとのことです。現在、僕のIELTSスコアが7.5、TOEFLに関しては一度も受けたことがありませんし、これからも受ける予定はありません。したがって、僕の目指す場所はIELTS8.5になります。

実は、英語好きさんという方がすでに両方を達成しており、ブログにも訪れさせていただいたのですが、記事は面白いし、考察や英語に対する意見がとても鋭く大変参考になり、こんな素晴らしい人のようになりたい、あわよくば抜き去りたい(爆)という謎の闘志が燃え上がりましたww

本格的にspeakingやwritingが伸びてくるのは、イギリスの大学院進学後かなと思っておりますが、次回IELTSを受験に備え、新たな仲間たちとともに学習していきます。
posted by リュウ at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

IELTS結果発表


こんばんは。
先ほどオンラインで結果をチェックして参りました。
早速発表いたします。(括弧内は前回の得点)

Reading 8.5(7.5) Listening8.0(7.0) Writing6.5(6.5) Speaking6.5(5.5)


以上の結果となり、(8.5+8+6.5+6.5)÷4=7.375≒OA7.5となりました︎


・・・・わけがわからないよ(°_°)


一体全体、どこで間違ってWritingが6.5なのだろう・・・。
Task1を書き終わらずに終了したにも関わらず、前回と同じスコアということは
Task2のスコアが7.5くらいもらえていたということですかね〜
Task2のスコアを二倍して、Task1のスコアと足して3で割ったものがWriting全体のスコアとなるので、おそらくそういうことなんだと思います。

謎を秘めた Writing以外は全て得点が1上がりOA7.5も達成できたので
これで皆さんともお別れです。短い間でしたがありがとうございました︎


・・・・・嘘です。
全てのセクションで7.0以上を取らないといけないため、まだまだ挑戦していきます。
また明日詳しく振り返り、今後の対策を立てていきたいと思います。
応援よろしくお願いします!

posted by リュウ at 21:42| Comment(2) | IELTS一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Task1のテンプレ表現


The table shows the total amount of students, separated into groups of men and women, who studied in both full time and part time education during three time year periods, taken over a period of 20 years. In general it can clearly be seen from the bar chart that, by way of an overview, examining those who studied in full time education, both men and women rose steadily, while in part-time education the former decreased, while the latter increased.

Moving on now to scrutinize the number of males, which was around 100,000 studying in full time education in 1971, rose steadily to about 200,000 in 1991. In marked contrast to this we can see that, from the same group, the numbers in part time education fell from around 1,000,000 to around 850,000 in the same time period.

This can be contrasted with the amount of females, which more than tripled to 200,000 for those in full time education in the recorded time frame, and increased from roughly over 600,000 to well over 1,000,000 for those in part time education.

サンプルを書き出しました〜
使える表現・テクニックは以下の通りです↓

第一パラグラフ


・The given graph(s)/bar chart/pie chart/diagram show(s)/illustrates/represents/depicts…

・…the number of/amount of/percentage of/rate of/…

・The information is divided/separated/presented in …4/5/10 categories/areas… which are…

・The information is arranged in 5/6/7… categories which include… the main ones being…

・over a period of X years

・in the recorded time flame of X years, which is from XXXX to YYYY

・By way of an overview, it may be observed/noted/seen that …. was the largest/smallest… the number fluctuated / there was a fluctuation in the number of…

・Overall it may be seen that the largest and smallest gains/increases/(in 1990 and 2000) …were in the fields/areas of XXX and YYY respectively.

第二パラグラフ以降


・Moving on now to consider the A and B in 19XX, the former rose to X, while the latter rose by Y.

・ Turning now to consider the numbers for A and B in 20XX, they were X and Y respectively.

・ Scrutinising the increases in the decade from 2000 and 2010, the former was A and the latter was B.

・ Now turning to consider A and B, the former showed an increase of X and the latter showed a fall of Y.

・On further scrutiny, taking A and B into consideration respectively in the same/given time period, the former was X while the latter was B.

関係代名詞の使い方

The number of students from the UK was 2050 in 1999. The number of students was 3000 in 2001.
The number of students from the UK, which was 2050 in 1999, rose to 3000 in 2001.

The number of tourists from China was 230,444 in 2010. The number of tourists from China in 2012 was 1,000,000.
The number of tourists from China, which was 230,444 in 2010, was/soared to/rocketed to/sharply increased to 1,000,000 in 2012.

The percentage of unemployed in the USA was 6% in 1999. The percentage was 12% in 2009.
The percentage of unemployed in the USA, which was 6% in 1999, was/doubled to 12% in 2009.

In 2000, 25% of all travel was by train. In 2010 only 10% of travel was by train.
Travel by train, which was 25% in 2000, was/fell to/plunged to 10% in 2010

The average income in the UK was $20,000 in 1977. The average income in 2007 was $30,000.
The average income in the UK, which was $20,000 in 1977, was/rose to/increased to $30,000 in 2007.

こんな感じでまとめてみましたが、いかがだったでしょう?
たま〜に地図やプロセスライティングが出題されますので、そちらの対策もしないわけにはいかないんですが、割合的にはグラフやチャートが圧倒的ですね。
どうしても地図なんかを避けたい場合には、ネットで受験者の情報を集めて出題内容を探り、二回連続でプロセスなんかが出題されることは稀で(8回に1回とかかな?)、前回の試験で出されたらほぼ間違いなく、次は一般的なグラフの出題になると思うので、そこを狙えば問題ないかと勝手に予想してます。
それでもプロセスや地図の出題に遭遇してしまった場合には、その引きの強さをもってして試験後にパチンコに行きましょう。多分勝てます(大嘘)

長々と読んでいただき、ありがとうございました!!おやすみなさい。



posted by リュウ at 00:16| Comment(0) | IELTS戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。