2015年03月12日

Writing Task1の表現集


明日はいよいよ先月受けたIELTSの結果がわかります。
Writingで爆死したにも関わらず、まかり間違って6.0とか取れてないかな〜とか妄想してます。
最低制限の150文字(task1),250文字(task2)を超えないとどうなるか知っていますか?
答えは・・・

IELTSエッセイの採点に追われ、ろくに寝てない試験官が
夜な夜な血走った眼を見開き文字数を数え、こういうのです・・・
141,142,143・・・文字数足りな〜い!!1点減点!!

茶番失礼いたしました(´Д` )
文字数が足りていない場合には、問答無用でバンドスコアが1点下がります。
なので僕は前回のテストで確実に1点マイナスされております(大泣)
みなさんもお気をつけ下さい。


本題に移りましょう♪
今回はズバリ「文字数を稼ぐためのテンプレ表現」になります。
僕は、たまにでるプロセスや地図のWritingなんかは無視しています(爆)
みなさんもWritingの問題用紙が配られ、透けた用紙からプロセスや地図が見えたら
泣きながら大爆笑しましょう( ´ ▽ ` )ノ
それではスタート!!
・・・少し長くなるので、次の記事に移ります。



posted by リュウ at 23:12| Comment(0) | IELTS戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極英単語


英語の勉強で重要なのは"単語"です。
単語は覚えるのは大変ですが、
ある程度覚えれば、テストで高得点が取れるのはもちろん、
本がスラスラ読めるようになったり、
英語の学習が捗り、enjoyableなものになります。
リーディングを鍛えようと多読をやったとしても、
語彙の数が少ないと、何度も辞書を引いたりして止まってしまい、
時間はかかるは、全体の意味が取れなくなるはで挫折してしまう可能性が高いです。

よし!!語彙を増やそう!!

と意気込んで書店まで足を運んだのですが・・・

I've been spoilt for choice.
単語本の数が多すぎて、結局何も買わずに帰ってきました( ; ; )

そこでネットで調べたところ、
「究極英単語」 http://www.easyrote.jp
というアプリに出会いました。
早速試してみるとこれがかなり使いやすい!!
100MBと重たく、フル活用するには課金する必要がありますが、
それに見合った機能が付いていると思います。
機能の詳細はリンク先を見ていただければ分かります。

単語を覚える過程で、何度も見直すこと
がかなり重要で、できることなら単語帳をいつでも持っているのがベストなのですが、
かさばるし、出先で単語帳を開くのは、少々恥ずかしい気もします。
しかしアプリなら、スマフォに入れていつでも見ることができます。
さらには発音が聞けることも嬉しいポイントです。
欠点を挙げるとすれば、書き込めなかったり、詳細な説明や同義語がなかったり、
一つの単語に対しての情報量少ないと言ったところでしょうか。
それでも、単語帳を何冊も持ち歩くより、はるかに効率的に感じます。

現在の僕の単語力は・・・・


53万です(にっこり)


嘘です、8200ぐらいでかなり低いレベルです(泣) http://testyourvocab.com
10000越えを一ヶ月くらいで目指したいのですが、どうなんでしょ。
とりあえず頑張ってみます。

posted by リュウ at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

Spaekingのテンプレ表現@

おはようございます!!
今日はスピーキングのテンプレ表現〜意見の切り出し方・思考時間の捻出〜について書いていきます。
IELTSのスピーキング練習として、Iphoneのボイスメモを使い、自分の英語を聞いてみるという方法が紹介されていて実践していた時のことです。発音がひどいのはさておき、10回以上「I think〜」をつかって自ら主張を始めていることに気が付きました。なにか他の表現方法はないかと思ったのがきっかけで、BBCのハードトークを見たりしながら、ネイティブがどんな表現を使うかまとめてみて、前回のIELTSで生かすことができましたので、きっと皆さんの役にも立つと思います。

意見の言いはじめ


・It seems to me that.....
・In my opinion.....
・It would seem to me that
・If you ask me.....
・To be quite frank.....
・I reckon.....
・I'd just like to say.....
・As far as I'm concerned.....
・From my perspective......
・From my everyday experience and observation.....
・To be honest......

少し組み合わせて↓

・Well now, to my mind it would seem to me that.....
・If you ask me, I would say.....
・My position on this is that.....
・Well, if you want my 2 cents on this, I reckon.....

考える時間を創る表現方法


・Now, that's a very interesting question.....
・Well now, let me see, to answer that question I'd like to say.....
・I can't be sure but.....
・Well now, taking everything into consideration, I would honestly say that.....

まとめると上記のようになりました。
主にSpeakingのPart3で使える表現だと思います。
あとはこれを独り言の時に、意識的に使ってみるとスムーズに覚えられます。
僕自身はWritingでもSpeakingでも、とにかくテンプレ表現を覚えるようにしています。
このやり方に反対する人もいると思いますが、まずは基本的なテンプレ表現を覚えて、そこから表現をもっと豊かにしていくのが、僕にとってはやりやすい勉強法なので、これからも継続していきます。是非、お試し下さい♪

posted by リュウ at 09:37| Comment(0) | IELTS戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。